被害をもたらす鳩は優しく撃退【傷つけない方法で被害を減らす】

身近で厄介な野鳥

鳩

営巣を見つけたら

鳩は、町中何処でも見ることができる鳥です。平和の象徴として愛されている反面、人に対して思わぬ被害を齎すことがあります。公園などの糞害についてはよく知られていますが、もっと厄介な行動もあるのです。鳩は、人の生活圏に営巣する習性があり、時に民家の軒先やマンションのベランダに巣作りすることがあります。そのようなことが起きると、悪臭や糞害のために洗濯物を外に干せなくなる事態になります。そして、鳩の羽毛が飛び散ることで、呼吸器を傷めている人には、更なる悪影響を及ぼすことになります。自宅の建物に巣作りされたら、すぐにでも撃退したいところですが、そこには法律の壁が立ちはだかることになります。鳩は、動物愛護法と鳥獣保護法によって守られているので、許可なく捕獲したり殺したりすることはできません。困った野鳥を撃退するには、鳩が巣作りをできないような工夫をすることが重要です。巣を壊しただけで撃退したつもりでも、再び同じ個体がやって来ます。鳩は営巣に適した場所を見つけると、何度でも巣作りにチャレンジしてきます。撃退するのが困難という場合には、鳩の駆除を専門とする業者に委託するのも一手です。野鳥の習性について詳しく知る業者であれば、鳩が二度と近づかない工夫を考えてくれます。駆除作業についても、法律に則って実行するので、鳩を傷つける心配もありません。自宅の周りに鳩がいて困っている人は、早い段階で専門業者に依頼することが肝心です。